あれこれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「わたしを離さないで」を観た

<<   作成日時 : 2018/01/04 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

お正月二日からくしゃみ・鼻水・鼻づまりになり久し振りに風邪引きました〜

何処にも出掛けないでおとなしく家で映画を観てました。

昨年、ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロさん原作の映画「わたしを離さないで」です。

2005年に発表されて2010年に映画化され、日本では昨年テレビドラマになったそうです。

長崎生まれのイギリス人と言うことで気になってました。単に同じ長崎生まれというだけですが・・・

お正月に観るには重そうな作品かと思いましたが想像通り、なんと新年早々悲しくおぞましい話でしょう。

クローンが出てくるSF小説だと聞いていたので、舞台が1990年代のイギリスだったことに驚きました。

そこが又奇妙に感じましたし、恐ろしくも思いました。

臓器を提供するためにだけに生まれてきたクローンですが、私たちと何も変わらない人間。

クローンを作ったのも同じ人間ですよね〜。臓器を受ける側も人間。

あまりにも残酷な運命に翻弄される若者たち・・・いろんな問題を考えさせられる映画だなと思いました。

今、あるがままに生きるしかないなぁ〜と感じましたし、

又、よくこのような設定を考えて小説に出来たなと感心してしまいました。

あぁ〜、くしゃみ・鼻水が・・・




月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「わたしを離さないで」を観た あれこれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる