すぐ死ぬんだから

驚きのタイトルですが、時間つぶしに読んだ内館牧子さん第二弾「すぐ死ぬんだから」を読みました。

78歳のお婆さんが主人公。

オシャレで年相応に観られたくないお婆さん。

息子の嫁を貧相で小汚いとズバズバと言うところ笑えてしまいます

歯に衣着せぬバッサリ感か゜内館ワールドですね。

面白かったです。

未だこの主人公の年代ではないですが、大切なのは外見も中身も磨き積極的に生きる事が大切ですね。

そのためには身体が資本です

頑張ろう・・・







この記事へのコメント

ころりん
2018年08月31日 17:37
78歳の方が主人公、またその設定が面白いですね!
以外に本音で書かれているのでは?ないかしら!と
面白そう・・・まだ解らない年齢の観点から・・読みたくなりました!
mado
2018年08月31日 22:10
バイタリティー溢れる78歳。
面白かったですよ
是非、どうぞオススメします。